検索
  • 原田佳代

心配の正体



こんにちは。

今回は、心配についてお話しますね。

私、心配する・されることに押しつぶされそうになったことがあったので。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


親は子供を心配して当たり前。だって大切な存在だから。


なのに、心配しないでくださいと子供から言われたら、どう思います???


どうして心配するかというと、親としては…

○○できないと、将来大変だから

○○できないと、辛い目に合う

○○できないと、世間からダメな人と思われる

から、今からできないことに向き合って、頑張って、立派な大人になってほしい。


とかいう感じですよね。

これの何が問題?普通でしょ、親なんだから。

ですよね~、私もそう思ってました。


でも、心配するなって言われたんです、わたし。


ってことは、違うんですよ。

子供がそう言うんだから。

心配=愛ではなかったんです。


じゃあ、何なの?


私はこう思います。

抱えきれなくなった自分の不安を相手に背負わせること。

相手がその状態・状況を乗り越える力があると信じられないこと。


コレ、酷くないですか。散々やってきました。


でもね、落ち込んでたり不安定な状態の子供を心配しないって、やっぱり難しいんですよ。

だから、こんな風にしてます。


心配になったとき、まずはそれを認める。

あ~、心配してるんだねって自分に言ってあげます。

落ち着いたら、大切な我が子に不安を抱かせないために、自分の不安は自分で引き受ける、と決めます。

次に、子どもには乗り越える力があるんだ、ということを思い出します。

で、お母さん心配だよ、とは言葉でも態度・表情でも伝えない!


聞かれてもいないアドバイスしたり、元気出せって励ましたり、一緒に落ち込んだり...

ホント、うっとうしいよね( ´∀` )

ごめん、息子たち。


お母さんは何も知らない、昭和生まれのただの未熟なおばちゃんだったのよ。

自分のこと大嫌いだったし。だから、絶対に変わりたかった。変わるために学びたかった。


そのころ出会ったのが、アドラー心理学。ラッキーなことに茨城で活動されている長谷静香さんとの出会いがあって、怒涛のごとく彼女の下でアドラー心理学勇気づけを学びました。そして現在、アドラー心理学ELM講座リーダーになり、勇気づけをお伝えできるようになりました!


これから、勇気づけ講座を開催していきますね。

準備できたら、このHP内でご案内しますので楽しみにお待ちください。

こんな私だからこその講座になると思います。

子育て中のママ、特に発達が気になるお子さんのママ、イライラしたくないのにどうしたらいいか分からないママ、是非会いに来てください。一緒に学びましょう♪



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now